銀行の各種ローンは総量規制対象外

一時期、多重債務が社会問題となりました。
特にこのときに問題となったのが、消費者金融のキャッシングなどで、
少額のキャッシングを複数利用したケースです。

キャッシングというのは、少額の利用であればあるほど、
適用される金利は高くなります。
一つ一つのキャッシングで生じる利息は大して
多くはありませんが、それが複数となりますと多額となります。
そういった社会問題を解決するために、総量規制という制度が出来ました。

多重債務問題の解決

これは、年収の3分の1以上の借入をすることは出来ないというものです。
これによって、多重債務問題は大きく解決をすることとなりました。

しかし、全ての借金がこの対象となるわけではありません。
一般的に、銀行のローンというのはすべてが総量規制の対象外となっております。
住宅はもちろんのこと、自動車に教育、医療といった各種ローン、
そして消費者金融のキャッシングと非常に似たカードローンも、対象外となっております。

銀行の融資は低金利

この規則が目指すのは、不当に利息を徴収して、貸金業者が利益を得ることに対する抑制です。
銀行の各種ローンは金利が低くおさえられており、不当に利息収入により
利益を得ているとは言えないために、対象外となっております。
これが銀行系の大きなメリットとなっております。

銀行系では、1000万円というような限度額を持つキャッシングに似た商品もありますが、
これを申込むのに年収3000万円は必要ありません。
大口融資もこれで可能となるわけです。