カードローンにおける最低金利とは

お金に困った時にはカードローンは助けになります。
カードローンは、金融会社によって金利が変わってきます。
きちんと比較しないと、高い金利でカードローンを利用することになり、損をしてしまいます。
カードローンにおける最低金利の比較の仕方には注意点があります。

カードローン各社を比較してみると、金利に幅があるのがわかります。
最低金利と最高金利があるので、どの金利が適用されるのかが重要になります。
例えば下限が6%の金利だったとしても、それが自分に適用されるとは限りません。
上限が18%だった場合には、この上限金利が適用されることもあるのです。

小額の借り入れなら最高金利

カードローンにおける最低金利とは

カードローンの金利を決める最も大きな要因は、借り入れの金額です。
一般に借り入れ額が大きければ大きいほど、金利は低く設定されます。
逆に考えれば、少額のカードローンを組んだ場合には、
最低金利ではなく、最高金利が適用されます。

なので、もしも少額のカードローンを組もうとしているならば、
最低金利でなく、最高金利で比較したほうが、
低い金利で借り入れができることになります。

100万円を超える大きな額のカードローンを利用するならば、
上限の金利が適用されることはないと考えて大丈夫です。
この場合には、自分が適用される金利がどの位なのかを相談するのがよいです。

借り入れる金額によって注目すべき金利が変わるのですが、
借り入れ額は大きければ大きいほど、金利は低い方が適用されます。

1社にまとめて低金利に

借り入れ状況によっては、このことを利用して、
今の借り入れをお得に借り替える方法があります。
おまとめローンがそれです。

おまとめローンとは複数の金融会社から借り入れしている場合に有効な手段です。
複数の借り入れをおまとめローンで借り換えして一社にまとめてしまう事を言います。

先ほどの最低金利の話で言うと、複数にまたがって借り入れしてしまうと
一社あたりの金利は高くついてしまいます。
これをまとめて、大きな金額の借り入れにすることで、金利を減らすことができます。